どんな設備があるのか把握しよう

最低限必要な家具や家電とは

コピー機や電話といった家電、デスクやイスなどの家具は仕事で必ず必要です。
起業するならそれらも買い揃えなければいけませんが、デスクやイスを社員の人数分買うとかなりの出費になります。
費用を抑えたい人や、予算が少ない人は、設備が用意されているレンタルオフィスを選んでください。

室内にあるものは、レンタルオフィスを借りた人であれば自由に使えます。
ただ壊したり、傷つけたりしないよう大切に扱ってください。
毎日自分たちで使うものですが、あくまでも借りているという意識を忘れてはいけません。
家具や家電の扱いがあまりにも雑だと、レンタルオフィスの使用を禁止されることがあります。
トラブルを起こさないよう、何でも丁寧に扱いましょう。

できることを調べよう

それぞれのレンタルオフィスによって、可能なことが変わります。
最低でも郵便物や宅配の荷物を受け取れる、住所を使用できる、銀行の口座を作れることを条件にしてください。
これらができないと、仕事上で不便なことがたくさん起こります。
また基本料金とは別途に、追加料金を支払うことで以上のことができるレンタルオフィスもあります。

その場合は追加料金がいくらで、合計でどのくらいの金額になるのか見積もりを出してください。
追加料金のことを隠したり、わかりにくくサイトで説明したりするレンタルオフィスは信用できません。
そのようなところで起業することはできないので、レンタルオフィスを経営する業者の信頼性にも注目して決めましょう。


この記事をシェアする